【全日本ジュニア地域予選】菅谷優勝、門矢ベスト4!

7月16日(土)からアポロコーストテニスクラブにて「平成28年度関東ジュニアテニス選手権大会」、安比高原テニスクラブにて「平成28年度東北ジュニアテニス選手権大会」が行われました!

関東ジュニアテニス選手権大会には、18才以下で慶應義塾高等学校の門矢和真(3年)、東北ジュニアテニス選手権大会には16才以下で慶應義塾高等学校の菅谷拓郎(1年)が出場しました。

そして、門矢が男子ダブルスでベスト4、菅谷が男子シングルスで優勝しました! 大会結果詳細は以下の通りです。

◆関東ジュニア18才以下男子シングルス 門矢和真(慶應義塾高等学校3年) <1回戦> 6-3/3-6/6-2 小林季生(足利工業大学付属高等学校) <2回戦> 1-6/1-6 野口莉央(湘南工科大学付属高等学校)

◆関東ジュニア18才以下男子ダブルス 門矢/賀川組(慶應義塾高等学校3年/法政大学第二高校 3年) <1回戦> 6-2/6-2 清水/依田(ISHII TENNIS AVADEMY/ACE Tennis Club) <2回戦> 6-3/6-4 竹内/浪瀬(荏原SSC) <3回戦> 6-3/2-6/7-6(3) 渡邉/宮本(秀明八千代高等学校/ローズヒルテニスクラブ) <準決勝> 2-6/0-6 住澤/野口(Val/湘南工科大学付属高等学校)

◆東北ジュニア16才以下男子シングルス 菅谷拓郎(慶應義塾高等学校1年) <1回戦> 8-3 太田屋遼介(岩手高等学校) <2回戦> 8-4 川崎理比人(近江TC) <3回戦> 6-3/6-0 小林拓夢(FTTC橘jr) <準決勝> 8-3 今野剛瑠(安積高等学校) <決勝> 8-5 金成練(ア・パースTC)

今大会の結果、門矢が18才以下ダブルス、菅谷が16才以下シングルスで、8月9日(火)から大阪府の靭テニスセンターで行われる「全日本ジュニアテニス選手権2016」に出場致します。尚、伊藤竹秋(慶應義塾高等学校2年)は同大会の主催者推薦枠(WC)を獲得し、18才以下単複出場となります。慶應の代表として、自信を持って戦ってきて欲しいと思います。みなさまご声援のほど宜しくお願い致します。

《関東ジュニアテニス選手権大会リンク》 http://www.kanto-tennis.com/tournamentjr.info.htm

《東北ジュニアテニス選手権大会リンク》 http://www.tohoku-ta.jp/news/files/20160719185008.pdf

最新記事
​カテゴリー
アーカイブ

Copyrights © Keio high school tennis team, All Rights Reserved.